実利行者の足跡めぐり

笙の窟

奈良県吉野郡上北山村大字西原  2009年10月31日
笙の窟は大峯修験道の霊地七十五靡(なびき)のうち熊野本宮大社から数えて六十二番目の靡です。役行者を始め名だたる行者が修行した霊地として特に有名です。明治元年(1868)大峯に入った実利行者はこの笙の窟で修行を開始し千日籠行を満行しました。西原の天ヶ瀬には実利行者が満行を記念して建立した「明治四辛未十月吉祥日 金峯山籠満行 實利(花押)」と刻まれた石碑があります。


syonoiwaya04.jpg




syonoiwaya01.jpg

LinkIcon


syonoiwaya02.jpg




syonoiwaya03.jpg

LinkIcon

笙の窟と天ヶ瀬については、岩本速男 著『ふるさと天ヶ瀬』岩本速男 平成17年発行 が詳しいので引用させていただきます。(以下は『ふるさと天ヶ瀬』P6~8より)
天ヶ瀬は大峯修験道の霊地「笙ノ窟」と共に平安時代に発祥したと云い伝えられ、これは、まぎれもなく事実だと思います。修験道の開祖「役ノ行者」(神変大菩薩)さまのことについては、飛鳥時代(699)伊豆島に流されたことが『続日本紀』に記述があり、役行者さまのことについては、諸説いろいろあるようですが、大峯修験道の開祖で、「笙ノ窟」や「鷲ノ窟」で修行されたと天ヶ瀬でも言い伝えられております。(中略)「笙ノ窟」が世の中によく知られるようになったのは、ここに籠り修行された「道賢」(日蔵)の『道賢上人冥途記』(941)でありますが、その後において、行尊、行慶、長厳、覚忠、覚讃、覚宗、などの高僧となられた方々がこの笙の窟で修行され、ますます有名なところになったようです。これと並行して霊地「笙ノ窟」の管理や支援基地として山伏が定住し、天ヶ瀬奥に集落が発生しました。これは、山上ヶ岳や小笹は天川村の洞川、弥山は同村坪ノ内、釈迦ヶ岳や深山は下北山の前鬼が管理していたのと同じように、笙ノ窟を含む、大普賢岳から一ノ多輪までの峯筋は天ヶ瀬を中心とした上北山の人々が管理しておりました。年代としては、平安時代後期から明治時代にわたる一千年に及ぶ年月でありました。笙ノ窟の籠修行はだれでも入山し修行するようなことは出来ず、許可された特別な者だけが山に籠り、「千日籠」と云われる厳しい修行は平安時代から続いておりました。千日とは三年以上の長期でしたから、只一人でこの修行を完遂することはおそらく不可能なことで、支援基地から多種多様な支援や助力を受けていたことは当然なことだと思います。「笙ノ窟」の山麗には「恵山」「坂本」「ワサビ」「新田」、一番奥地には「笙ノ床」と呼ばれる場所があり、いずれも小規模ながら農耕可能な地形で、それぞれ住居跡があります。笙ノ窟の眼下に位置したこれ等の住居跡のなかで特に注目される「笙ノ床」は、笙ノ窟から直線距離一キロメートルぐらいのところにあり、面積二ヘクタールぐらいの緩斜面のところどころに、石垣や、住居跡が残され、地形的には東向きでありますが、南側のひらけた日当たりの良いところで、見上げるとすぐそこに笙ノ窟があり、大声を出すと聞こえるぐらいの距離であります。笙ノ窟は、冬籠りのできる別名「南室門」と呼ばれるところでしたが、海抜1450メートルもあり大峰山脈の山頂に近く、厳寒期には深い積雪と零下十度にも下がる厳しい自然条件ですから、衣食品の補給、とか病気の対応など、行者支援基地として重要な役割を果たす、文字通り「笙ノ床」でありました。




wasinoiwaya01.jpg

鷲の窟

鷲の窟は笙の窟から西側へ50m程の地点にあります。窟の上部の岸壁が突き出ていて、この部分が鷲の嘴のように見えることから鷲の窟と呼ばれるようになったそうです。

LinkIcon


wasinoiwaya02.jpg




wasinoiwaya03.jpg

鷲の窟  役行者と前鬼、後鬼像

LinkIcon


syonoiwaya05.jpg










LinkIcon



Real_col_Mail.png